人体通信(HBC)について

 無線通信は、無線機器を扱う人から無線端末までの距離で分類されています。人から 100m くらいの通信距離を有する無線システムは「WLAN(Wireless Local Area Network)」に分類されています。これは、通称「無線LAN や WiFi(業界団体規格名)」と呼ばれ、みなさまもよくご存知と思います。人から 10m くらいの通信距離を有する無線システム(Bluetooth や ZigBee など)は「WPAN(Wireless Personal Area Network)」に分類されています。

 最近、話題のウェアラブル端末は、人から 2~3m くらいの通信距離を有する無線システムで「WBAN(Wireless Body Area Network)」に分類され、通称「人体通信(HBC : Human Body Communication)」と呼ばれるようになりました。

人体通信の最新動向と応用展開 (普及版)

2017年、人体通信コンソーシアム も設立され、改めて人体通信が注目されています。そこで、2011年6月に刊行されました「人体通信の最新動向と応用展開」が、2017年9月に、お求めやすい価格の 普及版 として再刊行されることになりました。

監修 : 根日屋 英之

出版社名 :シーエムシー出版

ISBNコード : 978-4-7813-1210-1

価格 : 4,400円 (税別)


FORN No.272 2010年1月号

電波技術協会報 2010年1月号

人体通信の最新技術

著者 : 根日屋 英之

P.24 ~ P.27

出版社名 : 一般財団法人 電波技術協会



上記の記事の著作権は電波技術協会殿にありますが、電波技術協会殿のご好意により、記事の加工や2次利用をしない条件に、上記の記事(PDF)を無料でダウンロードできます。

Copyright(c) AMPLET Communication Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com