ンテナ

設計と技術コンサルティング



     




アンテナの設計・開発・試作

 当研究所が最も得意とする技術分野にアンテナの設計があります。アンテナの小型化に関する研究で学位(博士)を修得した 当研究所 所長 根日屋 英之 が、アンテナ設計や製品化のお手伝いをいたします。




 根日屋 英之 は、1波長ループアンテナと同等な指向性を有し、同軸給電線との整合が容易、かつ、小形(小型と同義)にしても利得低下の少ない特長を有する スパイラルリングアンテナ を考案しました。

 スパイラルリングアンテナは、スパイラルの直径 2s = 0.024波長、ピッチ角Φを 17.0 度に設定し、そのスパイラルを 半径 a = 0.0754 波長で 21 回巻くと、インピーダンス整合回路やバラン無しで 50Ω同軸ケーブルと直接、接続できます。このときのアンテナの最大外径寸法は 0.1748 波長と小形になります。アンテナ利得は 2.0 dBi、帯域幅は 4.2 %(リターンロス : -10dB 以下)であり、スパイラルリングアンテナは小形化率に対して非情に高い利得を有するアンテナです。


[参考論文] 根日屋 英之、長谷部 望、長澤 総 「スパイラルリングアンテナ(1波長ループアンテナの指向性を保持して)」、1999年1月 電子情報通信学会論文誌 Vol.J82-B No.1、pp.88 ~ 96




パートナー企業 峰光電子株式会社

 弊社が設計、開発しましたアンテナの量産は、パートナー企業の 峰光電子株式会社 が対応いたします。

 アンテナの量産は、その設備や検査装置が非情に高額なため、自社での量産に躊躇されている企業様が多いと思います。御社が独自に設計をされましたアンテナの量産も、峰光電子株式会社が承りますので、お気軽にご相談ください。




小暮裕明先生の電磁界シミュレーション

 多くの電磁界シミュレーションやアンテナの 技術書 を執筆されている 小暮技術士事務所 所長の技術士(情報工学部門)/ 工学博士 小暮裕明先生のご協力をいただきながら、複雑な電磁界シミュレーションにも対応いたします。

 「アンテナを試作する前にコンピュータによるシミュレーションで確認をしたい」、「高周波回路を実装したプリント基板がうまく動作しない」などのお悩みがございましたら、ご相談ください。小暮先生には、アンプレット通信研究所主催の プライベートセミナー の講師もご担当いただいております。


忠南国立大学 禹 鍾明(ウ・ジョンミョン)教授と共同設計

 ウェアラブル端末の普及が期待されるため、内臓の小型アンテナ設計のお問い合わせが増えてきました。私たちは、アンテナ設計は得意な分野でありますが、より高性能なアンテナ設計を目指し、いろいろな経験を有する専門家のアドバイスをいただくことが大切と考えています。

 小形アンテナの研究で世界的に有名な 忠南国立大学(韓国) アンテナ研究室 の 禹 鍾明 教授とタッグを組み、非常に難しい環境下で使用するアンテナの開発にも取り組んでおります。


近傍界の電磁波の振る舞いを研究するサークル 「BUDの会」

 多くの著書がある無線雑誌の常連筆者で、以前は同じ会社で働いていた三人の工学博士が集り、近傍界の電磁波の振る舞い、小形磁流ループアンテナ、長波アンテナ(装荷型短縮アンテナ)などの研究をするサークル BUDの会 を発足しました。BUD の意味は「つぼみ」です。


JE1BQE 根日屋 英之 / JG1UNE 小暮 裕明 / JF1DMQ 山村 英穂



Copyright(c) AMPLET Communication Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com