企業情報

[研究所概要]

* 研究所名 : アンプレット通信研究所

* 英語表記 : AMPLET Communication Laboratory

* 事業区分 : 第5種簡易課税事業者

* 本社所在地 : 〒110-0016 東京都台東区台東3-4-2

* 電話 : 03-5688-0493


[付属研究施設]

* アンプレット通信研究所 いすみ研究所(千葉県いすみ市)


[設立年月日]

* 株式会社アンプレット : 1987年9月9日

* アンプレット通信研究所 : 2017年2月19日


[社名の由来]

 電子回路の基本となる増幅器(Amplifier)を安価に販売するアウトレット(Outlet)として、Amplifier Outlet を短縮して AMPLET(アンプレット)となりました。


[業務内容]

* 無線通信技術に関するコンサルティング業務

* 高周波電子回路、アンテナ、RFID、人体通信装置などの受託設計、試作

* 無線通信を用いた新事業立ち上げのお手伝い

* 社員教育、セミナー、講演会の講師


[役員・顧問税理士]

* 所長(代表) : 工学博士 根日屋英之(日本大学大学院 理工学研究科 特別講師 「先端技術特論」)

* 副所長 : 工学博士 塚本信夫(有限会社 DSP技研 代表取締役

* 顧問税理士 : 三浦暢之 公認会計士事務所


[アマチュア無線クラブ]

* アンプレット ハムクラブ JH1YTU ⇒ [ホームページ] [QRZ.COM]


[ダウンロード]

会社案内パンフレット

アクセスマップ

経営ポリシー

 アンプレット通信研究所は、無線通信に関する技術コンサルティングを業務とする研究所です。アンプレット通信研究所は、前身の株式会社アンプレットが 1987年9月9日に設立されて以来、他社からの資本導入を受けず、自己資金による無借金経営 を続けています。

沿 革

1987年(昭和62年)9月 : 電子回路の設計を業務とする 株式会社アンプレット を東京都台東区にて設立

1987年 : 無線通信機器、ミリ波レーダ、超音波非破壊検査装置、レーザレーダなどの開発を開始

1988年 : コードレス電話、車載用無線機、ハンドヘルド無線機、ペイジャーなどの受託設計を開始

1992年 : 韓国向け、北米向けの携帯電話の受託設計を開始

1994年 : 米国の携帯電話基地局アンテナメーカー(EMS Wireless)の日本事務所業務を開始

1995年 : 気象衛星受信システム(UFC-1)の販売を開始

1998年 : RFID用IC、アンテナの開発を開始

1998年 : 電子航法研究所(ENRI)と 94GHz ミリ波レーダの共同研究(開発) を開始

2002年 : 根日屋英之が 東京電機大学 工学部 の非常勤講師(超高周波工学 / ユビキタス無線工学)に就任

2003年 : RFID技術の ライセンス契約 を凸版印刷株式会社と締結

2005年 : 無線通信技術に関するコンサルティング事業を開始

2010年 : 人体通信機器の開発を開始

2011年 : 韓国電子通信研究院(ETRI)と 人体通信の共同研究 に関する MoU を締結

2011年 : 根日屋英之が 東京大学 22世紀医療センター の特任研究員(重症心不全治療開発講座)に就任

2015年 : 根日屋英之が 日本大学大学院 理工学研究科 の特別勤講師(先端技術特論)に就任

2015年 : 韓国の忠南国立大学校(CNU)と無線通信技術の 人材育成プロジェクト の MoU を締結

2017年(平成29年)2月 : アンプレット通信研究所 を設立し、株式会社アンプレットの業務を継承

2017年 : 人体通信コンソーシアム(HBCC) を設立

2018年 : 人と車と家を繋ぐ V2HH 研究会 を設立

2021年 : ワイヤレスパワーマネージメントコンソーシアム(WPM-c)の研究機関会員として参画

2022年 : アンプレット通信研究所の付属研究施設である 「いすみ研究所」(千葉県いすみ市)を改装

Copyright(c) AMPLET Communication Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com